避妊しない親と恵まれない子供

健康な身体を持つ男女が、性交渉を持てば、おのずと妊娠してしまう可能性は高まります。両者が子供を持つことに対して、しっかりとした決意を持っているのであれば、赤ちゃんの誕生は非常に喜ばしいものです。妊娠は精子と卵子が出会い受精し、母体で育ち、そして人間となってこの世に誕生するという、とても神秘的で奇跡に近いことだとは言われていますが、子供は産まれてからが大変なもので、責任をもって育てる覚悟ができていない段階では、性交渉を行う時にはきちんと正しい避妊対策を取るべきでしょう。しかし、世間には、避妊せずに妊娠し、出産して子育てを放棄する無責任な親も多く、この先進国の日本においてもそのような事件は毎日のように報告されています。子供は生まれてくる親を選ぶことはできず、そのスタートからすべてが決まってしまうといっても過言ではありません。子供を産むということは、すなわち、一人の人間を作り上げるということでもあるので、出産から何年も先まで、自分を犠牲にしてでも育てなければならないという覚悟が必要です。避妊をしない性交渉は、親になる可能性が生じてしまう行為だということを自覚して、大人として無責任な行動はとるべきではありません。子供はある程度成長するまで、親の庇護のもとでないと生きられません。あふれるほどの愛情を受けながら幼少期を過ごすことが、その後の人間形成にも大きく影響を及ぼすことは、長年の研究からも証明されています。一人の人間が、生きにくい人生を歩まなくても良いようにするためにも、愛情をもって育てることができない環境ならば、妊娠しないようにすることは、他の動物とは違って知能を持つ人間なのですから、節度さえあれば当然できることです。

■大人ならしっかり避妊
ピル 通販