続発性無月経の治療に経口避妊薬が使われることがある

女性には毎月生理という習慣があり、非常に煩わしいものではありますが、女性にとっては健康のバロメーターであるといわれることも多く、安定した周期で生理があるということは、すなわち健康で元気な赤ちゃんが産めるということにも直結しています。急激なダイエットやストレスで生理が止まってしまうことも多く、この状態を放置していると、やがては不妊につながってしまうこともあり、早急に治療が必要です。続発性無月経という、生理が三カ月以上ない状態が続いていると、何らかの医学的な治療を行わないと、そのまま自力では生理が来なくなってしまう可能性も高まるので、楽だからと放っておかずに婦人科を受診しましょう。続発性無月経には、ホルモンバランスの崩れが原因である場合も多く、そのような場合には、外から女性ホルモンを補充する治療が行われるため、経口避妊薬であるピルを処方されることもあります。ピルは高い避妊効果があるだけではなく、生理不順を改善させ生理が安定した周期で来るように身体を整える作用もあり、また生理痛の緩和や経血量の減少効果もあるので、生理によるさまざまな問題を穏やかに解決してくれます。近年では低用量ピルが解禁となったことを受け、副作用のリスクもかなり減っているので、避妊目的以外でも服用を希望する女性も増えています。ピルは、ホルモンバランスを整える効能があるので、快適な日常生活を送れるようになるため、現代女性には積極的に服用するべき医薬品といっても過言ではありません。続発性無月経で悩む女性も、ピルを服用することを習慣付けたことにより、安定した生理が来るようになったと喜ぶ声もあり、低用量ピルの計り知れない恩恵を、我が国においても女性はもっと理解し、うまく活用できるようにしたいものです。