避妊と溶解性と副作用について

医療機関において溶解性のある薬剤を使用した治療で言うと、脂肪溶解注射などもあります。脂肪の溶解性を治療に用いた方法で、施術は注射で行います。溶解性のある成分は、大豆より抽出されたアミノ酸より出来ている薬剤を、脂肪の気になる部分に注入していく方法です。脂肪溶解注射はメソセラピーとも言われており、薬剤で体内の脂肪を溶かして、自然に体外へと排出させていきます。メスを用いた脂肪吸引の手術とは異なり、注射だけでできる治療です。

脂肪溶解注射はメスを使いませんから、大きなダウンタイムもありません。その日のうちに脂肪がなくなるというものではなく、数日間をかけて徐々に脂肪は溶けて排出されていくため、とても自然にサイズダウンをしていくことになります。副作用やリスクが全くないわけではありません。内出血がしばらく続いたり、筋肉痛のような痛みを感じることもあります。長引くときには、施術を受けた病院に連絡をして、医師に診察をしてもらいましょう。

避妊のための医薬品として、低用量ピルの処方もあります。市販品ではなく、産婦人科などでの処方を必要とする内服薬です。避妊効果としても高いものですが、服用にあたり副作用を理解しておくことも大切です。薬には何かしらの副作用があるものですから、低用量ピルを安心して使うためにも、リスクについては理解をしておくとよいでしょう。避妊目的で飲み始めてから、最初のうちは軽い吐き気を感じるかもしれません。頭が痛いとか、体にだるさを感じたりする、つわりの症状にも似た感覚です。いつまでも続きはしませんから、一時的なものと割り切っておくのが良いでしょう。大体の場合であれば、2週間もすれば落ち着いてきます。