避妊の大切さと恵まれない子供達

子供は神様からの授かりものだとかコウノトリが運んでくるといわれますが、本当にそうでしょうか。子供を授かるには、タイミングが実は一番重要なのではないかと言えます。最近では性交渉の開始が若年化し、早い場合だと中学生、そして高校生でも性交渉を行うこともあります。もちろん思春期ですから性に対する興味や好奇心は大きいでしょう。そのために性交渉を行うことも多いです。しかし、その背後にあるリスクについてはどれほど知識を持っているのでしょうか。性交渉をするということは、妊娠の可能性を持つということです。そして妊娠を避けるためには、避妊をすることが大切なのです。しかし避妊も方法によっては100%とはいえません。正しい方法をしていても妊娠をすることだってあるのです。そしてもし避妊ができずに妊娠をしてしまったらどうなるのでしょう。選択肢は二つあります。一つは子どもを産むという選択、もう一つは堕胎するという選択です。どちらも母体にはリスクが伴います。でも出来てしまったからにはどちらかを選ぶしかないのです。そしてもしも生むことを選択した場合には、その子どもを養育していくという義務が発生します。子供は一人では成長していくことができません。両親を始め周りにいる大人たちが手を貸す必要があるのです。しかし、そこであなたは望まれて生まれてきた子供ではないといわれた子供はどのような生活をしていくのでしょう。精神的にもショックを受け誰も大人を信じられなくなってしまいます。そのために、親は子どもを守る必要があるのです。それが親である責任です。そのような自覚を持てない場合には、避妊をしっかり行って妊娠を予防しなくてはいけないのです。